合竹バット

竹バットの構造は竹の薄いプレートを重ねて貼り合わせて接着後、機械で圧着して角材を作ってそれをバットの形に削って作製しています。
原材料は孟宗竹が主で竹の組み合わせは各工場によって異なります。
竹材を貼り合わせる事(合竹)によって竹バットはできていますので強度があり折れにくく、木製バットに比べると低コストです。
弊社の合竹バットの竹の組み合わせは他社より薄い竹のプレートを使用し独自の組み合わせをしていますので他社と比べると折れにくいと高評価をいただいています。
並べ替え
  • 1

研究所長あいさつ

カレンダー

ダイトベースボール