引き手主導のバットコントロール上達に片手バット

引き手主導のバットコントロール上達に片手バット

バットを振る手にはそれぞれ名前があり、構えて投手側の腕を「引き手」、捕手側の腕を「押し手」といいます。右打者ならば構えて正面から手前側の左手が「引き手」、奥側の右手が「押し手」ということになりますね。

引き手は主にインパクトまでのバットのコントロールに重要で、押し手はインパクトした後の押し込みやフォロースルーまでの動きに影響します。
引き手と押し手のそれぞれの役割をうまく行えているかが、安定したスイングのかなめと言ってよいでしょう。

コントロールが重視される今の時代、自然な引き手リードを身につけてライバルに差をつけたくありませんか?
竹バット研究所の片手用短尺バット・ワンハンドバットにご注目ください♪

●トレーニングバット 片手
https://bat.ski/trainingbat-onehand/

片手用の短尺バットは、バットを持つ腕の役割をはっきりとさせ、スキルアップさせる効果を持っています。
引き手に持たせればバットコントロールの向上に加えて、リスト強化や腕の動かし方の再確認などができます。

片手バットですがどれも600gほどあるので、腕力も鍛えられますよ。

短いバットなのでいつでもどこでも素振りができるのが魅力です。
物が多い自宅の部屋でも、周りに気をつければいつでも練習スペースをつくることができます。
実際にボールを打つとより手の動かし方がわかるので、置きティー、トスバッティングも試しましょう。
両手でスイングしている時は気づかないバット軌道やミートポイントが意識できるようになり、正確なフォームと体の使い方が分かるようになりますよ。

お得なセール開催中 一部の商品が20〜50%OFF!!

一覧へ

最近チェックした商品

研究所長あいさつ

2024/7
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2024/8
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ダイトベースボール