リストワークの意識でメキメキ上達するバッティング

リストワークの意識でメキメキ上達するバッティング

野球に限らずスポーツの世界では、しばし「リストワーク」という言葉が使われます。
リストワークとは、手首(リスト)の動かし方(ワーク)のこと。手のひら側に曲げたり、手の甲側に曲げたりといった動作を、正しいタイミングで行えるかどうかをいいます。

野球のバッティングでいえば、指導者がよく「もっとリストを使え」「リストを強くしろ」「リストを柔軟にしろ」「手首を返せ」といった指導をしますよね。これらはリストワークを改善してよりよい打撃ができるようにと言っているのです。
今回はどうしてリストワークを意識すればメキメキ上達するのか、ご説明します。

1)打撃のパワーのかなめはリスト
手首をうまく働かせることが、打撃の力と技を発揮するポイントです。
スイングの運動エネルギーは下半身→体幹→腕→手首と伝わってバットの先に集まるようになっています。また手首を返してヘッドを走らせれば、より鋭いスイングも可能に。全身の運動エネルギーをバットに伝え、さらに鋭さを上乗せするのは手首の働きがあってこそなのです。

2)コントロールもリストが仕事人
スイング軌道の最終調整は手首~指先で行うので、手首の柔軟性はバットコントロールにも大きく影響します。
スイングの微調整ができるということは、ボールを引き付けて打てるということ。詰まることが減り、変化球へのとっさの対応やインコースの上手な返し方も上達します。どこに打球を飛ばすかも、手首のはたらきにかかっています。

3)リスト強化はケガ防止にも役立つ
手首が固くリストワークが不十分だと、ケガや故障が発生しやすくなります。
手首に負担がかかりすぎると、その周りが腱鞘炎(けんしょうえん)を起こしますし、手首をカバーしようとして肘や肩のほうを痛めてしまうこともあります。
逆に十分な強さと柔軟さがあれば、腕全体を守ることにつながるでしょう。

4)リストには伸びしろがある
これまで意識的に鍛えていなかった分だけ、手首はレベルアップしやすいパーツといえます。あまり鍛えていない他の選手との差をつけることもできるでしょう。

当店では、手首を中心に鍛えることができるトレーニングアイテムを多数ご用意しています。
プロ選手も御用達の道具でリストワークを改善し、バッティングをメキメキと上達させましょう!

お得なセール開催中 一部の商品が20〜50%OFF!!

一覧へ

最近チェックした商品

研究所長あいさつ

2024/5
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2024/6
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ダイトベースボール