”限りなく木製に近い金属バット”の練習は、丈夫な竹バットにお任せ♪

”限りなく木製に近い金属バット”の練習は、丈夫な竹バットにお任せ♪

新基準の低反発バットが、第96回選抜高等学校野球大会から完全導入されました。
このバットは「木製に近い金属バット」というコンセプトのとおり、反発力が木製なみに抑えられていて、芯もとても小さい金属バットです。

「力さえあれば少し詰まった当たりでも長打になる」という従来の金属バットとはまったく別物!
センバツで戦った選手たちも「練習を重ねたつもりだったが、大会本番では苦戦した」と話すほどでした。

そういった環境の変化から、普段の練習のときに木製バットを使い始めたいという選手の声が増えてきています。
しかし木製バットは1本の価格が高く、おいそれと購入することはできないのが現実。
他のバットと比べても耐久性がなく、打ち方次第では使い始めた初日でも折れてしまうこともあります。
いきなり使い始めることはあまりオススメできません。

そこで当店からご提案です♪
大会で低反発バットを使いこなすためにも、将来的にプロで活躍するためにも、まずは竹バット・ラミーバットを使用してみませんか?

●合竹バット
https://bat.ski/bamboobat/

●ラミーバット
https://bat.ski/bammapbat/

竹バットは、ご存じ打撃強化の秘密兵器!
芯が小さく、芯に当てないと飛ばずに手がしびれる竹バットを使った練習は、バッティング技術を底上げに大きく役立ちます。
低反発金属バットも、竹バットも、「当てれば飛ぶ」といった誤魔化しが全くききません。

しかしその難しさを乗り越えて身につけた技術は、今後の野球人生の宝物になることでしょう。

ラミーバットはラミバットとも言い、木材を重ねて作る「合板バット」のことです。
竹バット研究所では、バットの中心となる芯を竹、打球面をメイプルなどで4面貼りして製造しています。
打球面がメイプルなので、打感はしっかりと木製!それでいて竹のしなりや耐久性を備えており、竹と木材の良い性質をあわせ持つバットです。
絶対に木製を使いこなしたい!という選手の第一歩にぜひご利用いただきたいですね♪

プロ選手も愛用する当店の竹バット・ラミーバットにぜひご注目ください。

お得なセール開催中 一部の商品が20〜50%OFF!!

一覧へ

最近チェックした商品

研究所長あいさつ

2024/6
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2024/7
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ダイトベースボール