低反発バットは技術で補え!竹バットに大注目

低反発バットは技術で補え!竹バットに大注目

高校野球の低反発バット本格導入は、来年2024年からです。
新基準となる低反発の金属バットは、打球速度が飛距離が目に見えて落ちるようになっており、各校では攻守ともに対策の最終調整が始まっています。

とくに打撃の方では、フィジカルよりもテクニック=打撃技術の向上を急務だと考えている人が多いと感じます。
これまでの「飛びやすい金属バットと押し込むパワーを生かすフィジカルスタイル」は、飛ばないバットの登場で限界が見えています。一方のテクニック面にはまだまだ十分な伸びしろがあるとみているからです。
野球道具の業界でも、低反発バットを意識した練習や、低反発バットを前提とした打撃技術アップのための野球ギアの開発・販売がぞくぞくと進んでいますよね。

そんななか、打撃練習のプロ養成ギプスこと竹バットへの注目度も比例的に高まっています!
竹バットを使うことで得られる力は、低反発バットの時代に大きなメリットを持っているからです。

まず竹バットの高い耐久性は、多くの指導者・選手が気にしているところ。
低反発バットは、打球速度や飛距離が出なくなり、芯も従来より小さくなっているので、「木製バット並になった金属バット」と言われています。
そのためできるなら木製バットで練習したいところですが、コストの問題で叶いません。
その点、圧倒的な耐久性を誇る竹バットはとてもおすすめ!
竹バット研究所の合竹バットは、いつでもリーズナブルに購入でき、ガンガン打ち込みに使うことができます。

ボールを芯で捉える練習もできます。
竹バットは打芯部分が小さいので、真芯でしっかりとボールを捉えないと打球が飛びません。金属バットのように、詰まった当て方でも飛ぶということはないのです。芯を外すとビリビリと腕が痺れるので、確実に芯でとらえる力が身につきます。

理想的なフォームと長打力も身につきます。
竹バットはトップバランス(重心が前のほうにある)ので、使っていくうちにヘッドを走らせて遠心力を活かすスイングを自然に体得できます。

数量限定のセール商品ならもっとお得に購入できます!
https://bat.ski/sale/

特別価格合竹バット
https://bat.ski/bamboobat-specialprice/

いち早く低反発バットを使い始めた高校が、芯でとらえる打撃の重要性に気づいて竹バットで猛練習をしていますよ♪
技術が身につく竹バットは、ぜひ当店でお買い求めください。

お得なセール開催中 一部の商品が20〜50%OFF!!

一覧へ

最近チェックした商品

研究所長あいさつ

2024/4
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
2024/5
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ダイトベースボール