飛ばないバットに慣れるためのオススメ対策

飛ばないバットに慣れるためのオススメ対策

2024年から高校野球に低反発の「飛ばない金属バット」が導入されます。
各地ではすでに実験的な導入が始まっており、指導者や選手から使った感想や意見がぞくぞくと出てきています。

とくに多いのは、これまでの金属バットとの違い。
「同じ手応えの打撃でもぜんぜん飛ばない」、
「真芯からずれただけでがくっと飛距離が落ちる」、
「センターオーバーの強烈な打球!と、思ったら失速してただのヒットになる」
と、飛ばないバットの飛ばなさ加減に驚きの声があがっています。

これまで飛ぶバットに馴染んできたのに、いきなり飛ばないバットに変更になるのですから、現役世代や下の世代は大変なようです。
自分がレベルダウンしたような感覚になってメンタル的な悩みを抱えたり、無理に力で飛ばそうとしてフォームを崩したり故障するということも起きているのだとか。
ニュース記事では選手たちの前向きな声が多いのですが、バットの違いに戸惑う選手も出てきており、指導者からも「対策が必要だ」という意見が出ています。

そういった変化に対応する対策のひとつとして、実は当店の竹バットが多くのチームに採用され始めています!

合竹バット
https://bat.ski/bamboobat/

竹バットは竹製のバットで、芯が小さいのが特徴です。芯でとらえて打たないと打球が飛ばず、ビリビリと手がしびれるので、芯を意識した正しいバッティングが身につきます。
飛ばないバットの飛ばない一番の理由は、パワーでのバッティングができず、技術が求められること。竹バットならば、バッティングの技術を自然な形で覚えることができます。

また飛ばないバットの飛ばなさ加減も、竹バットで実感することができますよ♪

隣国の韓国では、高校野球に木製バットの使用を義務付けたことで強打者が激減したと言われています。
日本の飛ばないバットの導入でも同じことが起きないように、楽観視せず細やかなサポートをすることが重要なようですね。

お得なセール開催中 一部の商品が20〜50%OFF!!

一覧へ

最近チェックした商品

研究所長あいさつ

2024/3
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2024/4
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

ダイトベースボール