将来を見すえた中学野球のバット選び

将来を見すえた中学野球のバット選び

高校野球で2024年から完全導入される低反発バット。金属製でありながら、打球速度や芯の大きさはほぼ木製バットと同じくらいになっており、パワーで打球を飛ばすというこれまでのバッティングが通用しなくなります。
そのため各高校は、2023年の夏の大会が終わった今、大急ぎで準備を進めています。

実はこの飛ばないバットは、中学野球にも影響をおよぼしています。
今年の中学野球の日本一を決める大会「全日本中学野球選手権大会ジャイアンツカップ」では、なんと高校野球よりもはやく、試験的に飛ばない金属バットで大会が行われました。

背景には、近年、中学生も体格が良くなって打者の打球速度や飛距離が上がっていることがあります。高校野球と同じように、投手や内野手がケガする可能性が高まってきたので、中学野球でも低反発バットで安全な試合をするべきという意見が出ているのです。

低反発のバットに対応するための、技術力を身につける打撃トレーニングには、竹バット研究所の「少年用竹バット」がオススメです!
サイズは73cmから84cm、重さは550gから820g程度の6種類を用意しており、身長130cmから170cm、体重30kgから65kgまで、幅広く選手の体格に適した竹バットをご用意しています。
見やすい表もご用意しましたので、子供の身長や体重に合わせてお選び下さい。

少年用竹バット
https://bat.ski/forboys/

竹バットは重心がヘッド側にあるため、金属バットよりも重く感じて、はじめは振りにくいと思うでしょう。
しかし振り続ければヘッドの重みを生かしたスイングや、下半身を使った正しいフォームを身につけることができます。

竹バットは芯をとらえるバッティングの習得にも最適です。
芯が狭くて、外すと手がビリビリとしびれてしまうので、自然に真芯でとらえて打つバッティングを体に覚えさせることができます。

竹バットで身につけた技術は、目の前の試合で活躍できるだけなく、高校野球、そしてその先のプロ野球でも成功するために欠かせないものです。
野球人生で大きなプラスになる竹バットを、ぜひ中学野球でもご活用ください!

お得なセール開催中 一部の商品が20〜50%OFF!!

一覧へ

最近チェックした商品

研究所長あいさつ

2024/3
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2024/4
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

ダイトベースボール