片手バットで押し手・引き手の苦手を克服

片手バットで押し手・引き手の苦手を克服

バッティングは、バットを両手で握って振る動作のことです。
それぞれの腕には別の役割があり、右打者ならば構えて正面から手前側の左手を「引き手」、奥側の右手を「押し手」と言います。(左打者は逆になります。)
引き手の役割は、インパクトまでのバットのコントロール。
押し手の役割は、インパクト後からフォロースルーまでの押し込みになります。

ここまでは、多くの選手が理論では分かっていると思います。
しかしいざ実践となると、腕を正しく使うというのは難しいもの。頭では分かっているものの、一生懸命スイングをする時はどうしても引き手と押し手の役割に区別をつけられず、ただ振るという選手が見受けられます。
監督・コーチに指摘されても、なかなか直せないという悩みもよく聞きます。

そんな悩みを抱えた選手にオススメなのが、当店自慢の片手用短尺バット・ワンハンドバットです!

ワンハンドバット
https://bat.ski/trainingbat-onehand/000000000065/

平面ワンハンドバット
https://bat.ski/trainingbat-onehand/000000000066/

片手用バットは、片手でスイングすることで、引き手と押し手の役割をはっきりさせ、スキルアップさせる効果を持っています。

まず引き手で使うと、ミートさせる技術と、両手持ちだった時は自覚できない脇の開きや腕の下がりなどを気づくことができます。
続いて押し手のほうで使うと、インパクトからボールを押し込む感覚がよりはっきりわかります。手首の返しも改善して、「手首をこねる」という良くない癖の改善にも役立ちます。

素振りでも効果がありますが、ぜひ置きティーバッティングや、軽いトスバッティングで、ボールを打ってみると良いでしょう。
両手打ちのときは飛ばす気持ちばかりになって気づかないことが多いのですが、片手ならバットの軌道やミートポイントがはっきりとわかるようになり、正確なフォームと体の使い方を意識していくことができます。

短いバットなので、狭い家の中での練習もしやすいのが隠れたセールスポイントです。自分のバッティングに足りていないと思う部分がはっきり浮かび上がってくる驚きの道具なので、ぜひ上達にご利用ください。

お得なセール開催中 一部の商品が20〜50%OFF!!

一覧へ

最近チェックした商品

研究所長あいさつ

2024/3
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2024/4
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

ダイトベースボール