悪送球・暴投を減らす送球トレーニングおすすめボール

悪送球・暴投を減らす送球トレーニングおすすめボール

送球は野球の守備の基本のひとつです。
当たり前の技術ではありますが、実は良くない癖がついたまま投げていたり、乱れやすい投げ方をしている場合があります。

「ボールを投げる動作なんて小さいときから自然にしているし、ずっとキャッチボールを続けているから大丈夫」と思っているそこのあなた!
そのフォームは本当に理想的でしょうか? 捕球してから素早く投げる動作をする時も、乱れずにいつものフォームで投げれていますか?
高校野球でも捕球より送球エラーの方が多いそうです。生粋の野球少年たちでもなかなかできないことなんですから、定期的に見直すことは大事だと思いませんか。

そんなスローイングの不安を解消してくれているアイテムが、竹バット研究所のスローイングトレーニングボールです。

スローイングトレーニング用(小)
https://bat.ski/practice-ball/000000000168/

直径は公式規格と同じ72mmで、芯にポリウレタンを使って天然皮革で包んでいます。
重さは143g。ほどよい重さと柔らかさで、気軽に本格的なスローイング練習ができ、プロの世界でも使われている商品です♪

ラグビーボールのように独特な形をしているので、投げた時の回転がわかりやすく、変な癖のある投げ方ではボールがブレながら飛んでいきます。逆にキレイにまっすぐ投げれば、伸びのある球筋になります。
つまりこのボールを正しく投げることができれば、美しいフォームと正しい回転でボールを投げられるようになるのです!

投げ方のコツは、肘が高い位置にあがり、肘から前に出してスナップを効かせながらリリースすること。
天然皮革なので握ったり指先をかける感覚も身につき、飛んでいくボールを見れば自分のフォームが正しいかを簡単にセルフチェックすることができます。
正しい投球の姿勢やリリースポイント(投げるとき、手を離す位置)、ひじの動きや手首のスナップなどを確かめながらキャッチボールをすれば、どんどんフォームが改善されていくでしょう。

正しいフォームを身につければ、悪送球や暴投をする回数も減っていきます。
投げ方が改善されれば、肘や肩のケガの防止にもつながります。

スローイングの技術を見直したい時、レベルアップを目指すときは、ぜひ使ってみてください。

お得なセール開催中 一部の商品が20〜50%OFF!!

一覧へ

最近チェックした商品

研究所長あいさつ

2024/3
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2024/4
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

ダイトベースボール