ドラマ「下剋上球児」のモデル・県立白山高校野球部の奇跡に竹バット

ドラマ「下剋上球児」のモデル・県立白山高校野球部の奇跡に竹バット

2018年、全国高校野球選手権大会に初出場したことで話題になった白山高校。
県大会10年連続初戦敗退だった無名の弱小校が見せた快進撃は、球界のみならず多くの人の心を掴んだ奇跡の物語でした。
今月から始まったドラマ「下剋上球児」のモデルになった高校としても、今あらためて全国の注目を集めています。
そんな白山高校の活躍の陰に、竹バットを取り入れたトレーニングがあるそうです!

合竹バット
https://bat.ski/bamboobat/

白山高校の魅力の1つが打撃の強さ。
とくに勢いづいたときの打線には眼を見張るものがあり、2018年は5試合以上が10得点以上獲得して勝利していて、確かな力強さを感じさせます。
その後も世代交代はあっても着々と実力をつけており、2019年には1試合22得点を叩き出すなど、凄まじい爆発力も魅せてくれました。
現在は定期的に県のベスト8、ベスト4入りを果たすほどの存在感ある高校になっています。

白山高校の打撃のレベルアップは偶然ではなく、竹バットを使った練習があるそうです。
地元メディアのインタビューによると、選手一人ひとりが「金属バットよりも芯が小さいので、正しく当てないと飛ばない」と竹バットの性質を熟知した上で、徹底した振り込みや反復練習、スローボールを外野まで飛ばす練習を行っているそうです。
そして試合で金属バットに持ち替えることで、芯に当てる豪快なバッティングをするようになったのだとか。

高校野球の練習で竹バットを振るメリットは、他にもあります。
最大のメリットは正しいスイングと芯で打つ技術が身につくこと。竹バットはボールを芯に当てなければ飛ばないので、自然と芯で打つバッティングを覚えられます。
パワーと体幹が強化されるのも魅力です。竹バットは重さ平均900gですが、トップバランスなのでより重たく感じます。使い込むことで、重さに耐えられる身体能力と、遠心力を生かしてヘッドを走らせるスイングが身につきます。
さらに竹バットはしなりがあるので、インパクトの瞬間にバットを押し込む癖も習得できます。
豪快な打球を飛ばす要素がたくさん詰まっているんですね!

竹バット研究所の竹バットは、耐久性が高くリーズナブルというメリットもあり、全国球児のご愛用品として親しまれています。
下剋上の起爆剤が欲しい!というチームは、ぜひご活用ください♪

お得なセール開催中 一部の商品が20〜50%OFF!!

一覧へ

最近チェックした商品

研究所長あいさつ

2024/3
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2024/4
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

ダイトベースボール